クレヨン・ナーシングについて

1. 事業内容

(1)看護師国家試験対策講義

当スクールでは看護師国家試験を多方面から分析し、看護師国家試験合格に向けた講義を行っています。外部会場だけでなく、オンラインによる国家試験対策講義も行っています。 講座ごとにテーマを設けることで、学生様の苦手分野を克服できるようサポートいたします。学校様のご要望に応じて、弱点補強講座、特定領域の補講を行っています。

全国の学校様への出張講義を承っています。また、昨今の新型コロナウイルス等の影響により出張講義が難しい場合、ライブ配信による特別講義も承っております。

(2)外部講師としての講義

外部講師として学校様の講義を行っています。構造機能学、領域別看護学、統合分野、保健師分野まで学校様のご依頼に応じて講義を行っています。

関東を中心に通勤可能な範囲にある学校様からのご依頼を承っています。また、ZOOM配信や録画配信が可能な学校様の場合、全国からのご依頼も承っています。

(3)オリジナルテキストの作成

看護師国家試験の近年の傾向の分析、豊富な臨床経験のある看護師としての分析、臨床現場での看護師としての分析、解剖生理学の専門家としての分析など、さまざまな側面から看護学生に必要な知識を集約したテキストを作成しています。 テキストのみの販売はしておらず、Web講座を受講される場合か学内講座をご依頼いただいた場合にのみ配布をしております。

(4)模擬試験への協力

看護師国家試験対策として模擬試験を実施している大手出版社との間で、模擬試験の作問や校正を行っています。また、出版社からの依頼による模擬試験の出張解説講義を行っています。

(5)出版物への協力

看護師国家試験対策として過去問題集、予想問題集、その他看護学生向けテキストを発行している出版社との間で、テキストの作成や校正を行っています。

2. 講義の特徴

私たちは講義のわかりやすさだけでなく、言葉のもつ力も大切にしています。難しいことをできるだけ易しい言葉を用いて講義をするだけでなく、正しい用語の使い方にもこだわり、真に正しく看護学・医学を理解してもらえるような講義を目指しています。

看護師国家試験を合格することはもちろんのこと、その後の臨床でも生かせるような根拠に基づいた知識を身につけられます。「なぜ病気が生じるのか?」「なぜこの看護をするのか?」といった疑問に対して、根拠を示すことで丸暗記ではなく、知識として定着するまで理解を促進させるのが当スクールの講義の特徴です。

3. 講師紹介

代表  國井哲子

プロフィール

看護師として、総合内科、脳神経外科、循環器内科、訪問看護などに従事した豊富な経験をもつ。

看護師国家試験対策を行う大手予備校での教育経験も豊富で、これまで多くの看護学生を合格に導いてきた実績をもつ。長年の臨床経験と教育経験で培われた確かな経験と豊富な知識を活かした講義は魅力満点。

現在はスクールの代表を務めながら、おもに教育事業に従事している。学内講義や国家試験対策講義のほかに、出版社と協力してテキスト作成や模擬試験事業にも携わっている。

講義映像

【看護国試対策】第104回 午後問題32 過去問解説講座【クレヨン・ナーシングライセンススクール】

松森大輔(看護師・保健師)

プロフィール

医学部解剖学教室で長年、教育・研究事業に従事した豊富な経験をもつ。看護師国家試験対策を行う大手予備校での教育経験に加え、出版社での受験者数No1の看護師国家試験対策模擬試験の担当経験をもつ。

専門分野は肉眼解剖学と発生学で、実際に自らの目で見て、手で触れて感じ取ってきた人体に関する豊富な知識をもち、他に類を見ない講義が魅力。

現在は学内講義や国家試験対策講義をおもに行いながら、出版社の模擬試験事業にも携わっている。

講義映像

【看護国試】第108回 午前84問題 過去問解説講座【クレヨン・ナーシングライセンススクール】

戸田美由紀

プロフィール

現在も看護主任として精神科に務める現役看護師である。整形外科、精神科の経験があり、なかでも精神看護学の知識は誰よりも豊富で、多様な症状を示す精神疾患に対して、実際の経験に基づく講義は、国家試験対策だけでなく実習でも大いに役立てることができる。

医療接遇の指導者でもあり、看護学生だけでなく、臨床看護師への接遇指導も行っている。認知症専門病棟の立ち上げから運営、認知症に関する研修指導も行う認知症看護のスペシャリストである。

講義映像

【看護国試対策】第102回 午後問題53 過去問解説講座【クレヨン・ナーシングライセンススクール】

荒川友輔(理学療法士)

プロフィール

現在も在宅医療で活躍中の理学療法士である。病院、訪問看護ステーション、デイサービスでの経験があり、理学療法士の視点から講義する内容は運動器のスペシャリストならではのもの。 看護学校等ではなかなか聴講することのできない貴重な専門知識を身につけることができる。

医療接遇を大切に、丁寧で熱心な仕事ぶりで利用者・家族だけでなく、同僚看護師からの信頼も厚い。運動器、リハビリテーション、在宅医療を得意分野とし、その講義内容は看護学生だけでなく、看護師として働くようになってからも役立てることができる。

4. 講義の依頼

団体向け(学校様・病院様向け)ページで承っております。